この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

行政と不用品回収業者の違い

行政

行政に不用品回収を依頼すると国が決めた日にちと曜日と時間に合わせて、回収してくれます。
行政に不用品回収を依頼したい場合は、受付センターに電話をかけて、処分したい物が、どのくらいの金額で処分できるか聞き、指定された受付番号を教えてもらえるのでそれをメモし回収日を確認すれば無事依頼が完了します。
そのあとは、コンビニで処分金額分の粗大ゴミシールを買い、回収日の当日に処分品にシールを貼って玄関前に出しておくと行政が回収してくれるという流れです。
高齢者の方などが行政に不用品回収を依頼したい場合、玄関前まで不用品を運ばなければならなかったりするため大変だったり、家電リサイクル法の対象の家電だと回収してもらえません。
自分の都合に合わせて回収してもらう事はできませんが、不用品回収業者に依頼するよりも処分料金が安いという魅力があります。

不用品回収業者

不用品回収業者に依頼したい場合は、ネットや電話で申し込みします。
申し込む際に、処分したい物や大きさ伝え、事前にどのくらいの処分費用が発生するのか、確認し見積もりをもらう必要があります。
見積もりに納得出来たら都合の良い日にちと時間に回収に来てもらって無事回収が終了します。
行政と違い処分したい物を運んでくれたりするので、高齢者向けの処分方法かと思います。
行政よりも処分費用が高くなってしまいますが、処分したい物を運んでくれたりするため、運搬代と考えれば、お安く処分できた事になるのではないでしょうか。
行政と不用品回収業者それぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらが良いかよく考えた上で処分方法を決める必要があります。